Skip to content

勤怠管理システムを導入する際に注意する事

勤怠管理は社員の勤務状況を把握する上で非常に便利というだけではなく、法律に基づいて就労が行われているかどうかを把握する上で非常に大きな意味を持つものとなっています。

法律では所定の労働時間を超えて就労することは禁止されている上、これが企業の指示によるものか本人の自主的判断である物かを問わずに問題とすることになっているからです。しかし勤怠管理を行う為には従業員の就労状況を確実に把握しなければならず、その為にはデータの入力や集計、確認など多くの作業が必要となり、この作業を行う為の工数も膨大なものとなっています。

その中でこれらの管理をシステムで実現する勤怠管理システムが注目を浴びており、大企業ではその多くが導入を実現しています。しかしその中には様々な例があり、導入に於ける注意点も浮かび上がっています。勤怠管理システムを導入する際に犯しやすい間違いとして、システムの機能を重視する余りに従業員の負担を増やしてしまうという物があります。勤怠管理の基本はタイムカードで、出社時と退社時に打刻するというものですが、最近ではシステムに直接従業員が入力するというものが増えています。

これは日常的にパソコンを使用している従業員であれば問題ありませんが、現場作業を行っている従業員にとっては入力が複雑な上、誤った入力を行う危険も高いのです。勤怠管理システムを導入する際には、入力する従業員の利用環境も考慮し、入力しやすいシステムを導入することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *