Skip to content

会社に必要な勤怠管理システム

会社で必要なシステムのひとつに勤怠管理システムがあります。

勤怠というのは会社で働いている人の出勤日数、欠勤日数、有給日数、勤務時間、残業時間などのことです。なぜ管理しなければならないか、ひとつは給与計算を行うために必要です。従業員の方が働いた日数や時間数で給料は変わる人がいるため、これらの人は勤怠情報より給与を計算するのです。もうひとつは従業員の方の就労状況を管理するためです。

従業員はいつ何時間働いてもよいということではありません。これは法的に決められている時間数があり、それを上回らないように管理しなければならないのです。また会社内にも就業規則などの基準があるのでその内容を満たしているか確認しなければなりません。もし時間外の勤務となってしまったような場合は残業手当として割増給を支払わなければならないのです。これら従業員の勤務の状況を管理して、正しく給与計算をすること、勤務日数や時間数を把握するために勤怠管理システムが必要なのです。

勤怠管理を行うためには出勤時間と退勤時間を取らなければなりません。昔はタイムカードという紙に時間を印字する方法が一般的でしたが、最近はICカードやネットワークを使用してデータで出勤時間や退勤時間を収集することができるようになりました。その結果勤怠管理システムで時間数の計算を自動的に行うことができるようになります。そのデータを給与計算に利用したり、勤務日数や時間数の把握に利用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *