Skip to content

給与の日払いをする会社が増えている

給料日前になるとお金が足りなくなってきて、給与の日払いがあればなと感じる方も多いかもしれません。

この方法はアルバイトや派遣、現場を転々と移動する職人だと多い支払い方法で、1日働いてその場で給料を手渡してくれます。実は、近年は企業の正社員でも行っているところが増えていて、これは月給制から日給制へ変わっているわけではなくて、月給の中から任意の日数分だけ前払いが出来ることで、本来の給料日より先に一部だけ引きだせます。給与の日払いは会社によっては手数料がかかりますが、急にお金が必要なったときには好評です。

会社内で前借出来る限度額も決めていて、使い過ぎて本来の給料日に受け取るお金がないという問題も防いでいます。経営側と従業員の間には、勤怠管理システムを提供する業者が入ることで企業の資金からの前払いを可能にしてます。この給与の日払いは企業も従業員にとってもメリットがあります。従業員にとって例えば葬儀や病気など急にお金が必要になった場合でも対応できるため便利で、貯金を下ろしたり消費者金融などを利用しなくてもよくなります。

システムによってスマホでも申し込みが簡単に行えるものもあって手軽で簡単に使えるのも良いところです。経営者側だと、既に働いてもらった分の給料を前払いするだけなので、持ち逃げなどのトラブルも少ないです。このシステムを取り入れていると福利厚生が厚いとイメージも良くなって、人材確保もしやすくなり離職も下がるというメリットもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *