Skip to content

給与の前払いを考える企業が増加

給与を前払いで支給することにより、多くの人材を集めることが可能になります。

キャンペーン時の販促業務や、イベント会場の設営などでは、多くの人員を雇用する必要があります。大手の求人サイトに募集広告の掲載を行っていっても、イメージ通りの人材募集が実現できるとは限らないのも実情です。前払いという形式で給与を労働者に払うだけで、想定通りに人材を集めることができるのです。給与を前払いで渡す場合には、日払いの形式や、週払いなどのスタイルがあります。

稼働分を前払いで渡すだけになりますから、企業側には損が生じることはありません。広告費用に多額の投資を行わなくても、多くの人員を雇用することが可能になるのです。給与を渡す際には、全額を支払う場合や、一部を振り込むスタイルがあります。給与を支給日前に渡すための事務手数料を取る会社も少なくありません。学生の方などは、急な資金が必要になった際に、前払いで給料をもらえることは魅力でしょう。

キャッシングを行えない方であっても、資金繰りに悩むことなく、必要なお金が入るからです。日雇いの会社などでは、独自のアプリを使って振り込み申請を行わせる場合もあります。勤務シフトの予約を入れるタイミングで、稼働分を振り込み申請が可能になっています。一定の日数を働いておけば、必要なタイミングで稼働した部分の前受ができるのです。事務所によっては、当日に手渡しする場合もあります。お金に困ったときに、給料の前受ができることは大きなメリットになるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *