Skip to content

給与を日払いで支給する企業が増加

日払いという形で給与を渡す企業が多くなって来ています。

多くの人材を雇用する必要がある企業にとっては、日払いの給与システムは、短期間で多数の人材を雇用できる魅力的なシステムだからです。求人広告に多額の費用をかけるよりも、待遇面でメリットを感じさせるほうが、効率的に求人を進められるものです。キャンペーンのタイミングなどで多数の人員を雇用しなくてはいけない企業では、給与の日払いは効果の高い求人手段となるのです。

給料を日払いすることは、経理上は給料を前渡しすることになります。企業側にとっては、稼働分を支給日を待つことなく、早めに労働者に渡すだけで、特別な損が生じるものでもありません。学生など、定期的な就労が難しい方の場合には、必要なタイミングで働くことができ、すぐにお金を手に入れられるメリットがあるのです。求人サイト上を見れば、多数の企業で日払いでの給与システムを採用していることが伺えるでしょう。

会社によっては、前渡しを行う際に、全額を渡すのではなく、一部分を渡す形式を採用しているところも少なくありません。前渡しを受けることを目的に働く際には、どの程度を前受できるかを、事前に確認しておきましょう。会社によっては、支給の際に手数料を徴収する場合もあります。僅かな手数料であっても、繰り返すことにより、高額になっていきます。面接のタイミングで詳細を伺っておくことが大切です。給料の受け取り方には、手渡しや振り込みなど、会社によって様々になっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *