Skip to content

給与日払いシステムで離職率を下げる!

日本の終身雇用制度はすっかり影を潜め、今や入社して数年で転職を考えるということが普通の時代となりました。

企業にとって問題なのは、せっかく費用を掛けて育てた新人が一人前になるや否や退職してしまうということです。離職率を下げる対策はいろいろとありますが、そのひつとして挙げられるのが給与の日払いシステムです。文字通り社員の給与を申請があれば日払いで渡すシステムですが、導入後に求人の応募者が格段に増えたというだけでなく、会社の離職率も下がったという事実が報告されています。

その理由として挙げられるのは、日払いの給与システムは従業員にとっては嬉しい制度のひとつと捉えられているという事実です。給料日が月に1度と一般的に決められている社会において、思い掛けない出費の発生で給料日まで生活費が足りなくなってしまうということは決して稀なことではありません。そんな時でも日払いで給与をもらうことが可能ならば、従業員は安心して生活出来るのではないでしょうか。

もちろん申請の必要や、手数料が発生するなど従業員にとってのマイナスポイントもありますし、企業側にとっても現金を常に用意しておかなければならないなどというデメリットは否めません。しかし、給与日払いシステムを取り入れることによって離職率を下げることが出来るのであれば、せっかく戦力となった従業員を転職させることなく確保出来るという大きなメリットがあるということを覚えておきたいものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *