Skip to content

給与日払いの認識とは

給与の「日払い」の認識で間違われやすいのが、支払いが当日であるという事です。

一般的には、時給及び日当制または固定給には締め日があり、多くは1ヶ月毎に計算されて給料日に支払われます。それが日払いである場合には一日単位での締めになるということです。つまり、締めと支払い日は別と考えるのが正しいということになります。個人間の契約で仕事をして当日の現金支払いというケースもありますが、募集の多くは派遣会社が単発のバイトで求人しています。

仕事をするには、派遣会社に登録している者として業務が委託されます。要は、給与は派遣会社より支払われるので、例え日払いであっても登録先の支払日になるという事です。派遣会社の給与の支払い方法は、殆どが口座振込になります。地方銀行でなければ、最近は24時間のリアルタイムで振込処理が可能になっているので、業務実績と金額が確定し手続きをされればすぐに入金されます。

ただ、登録先の派遣会社が設ける支払日がいつなのか、翌日からや一週間毎など様々なので確認が必要です。注意しなければいけないのが、日払い希望で仕事を受けた場合には手数料がかかることがある点です。手数料が発生する場合、支給額からその金額が引かれるので単純に時給計算したものよりは低くなると言うことは認識しておく事は後の混乱防止のために必須です。個々の会社により多少異なりますが、登録はweb上ですべて完結します。その後に、自分に合いそうな仕事の案件に応募して実際に働くという流れになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *